新製品開発についての必要性や課題をまとめると以下になります。

  新製品開発があたる確率は低い、

  新製品開発ができないと企業の将来はない

  開発の完成度を高めないと会社がつぶれる

  誰もができるものではない

先に述べましたように、
「顧客に近い現場設計者は最新技術に疎く、最新がわかる開発設計者は顧客ニーズがわからない」
「顧客~営業~現場設計~開発設計の部門間の風通しが必要」
という体制を整えていくことは必要ですが、まずは何を開発すべきか、適切なターゲットの選定をしないと始まりません。
開発ターゲットを決めたら、開発目標を立て、課題抽出、プロジェクト組成、開発計画へと進めることになります。
次はターゲットの決定=開発企画の進め方から話を進めたいと思います。